古語:

つゆとくとくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > つゆとくとくの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つゆとくとく…

分類俳句


「露とくとくこころみに浮き世すすがばや」


出典野ざらし 俳文・芭蕉(ばせう)


[訳] 今もとくとくとわいて流れ落ちる、西行(さいぎよう)法師ゆかりの苔(こけ)の間を流れる清水で、ためしにこの身に積もった俗世間の塵(ちり)を洗いすすいでみようか。


鑑賞

吉野山にある西行の草庵跡とゆかりの苔清水を訪れた折の句。その地で、西行が詠んだと伝えられる「とくとくと落つる岩間の苔清水くみほす程もなきすまひかな」〈とくとくと、岩間の苔を伝い流れるわずかな清水を、くみつくしてしまうこともない、ささやかな山中のわび住まいであることよ。〉をふまえている。季語は「露」で、季は秋。








つゆとくとくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

つゆとくとくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




つゆとくとくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS