古語:

とりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とり- 【取り】

接頭語

動作を表す動詞の上に付いて、語勢を強める。「とりそふ」「とりつくろふ」



とり 【酉】

名詞

「十二支(じふにし)」の第十。


時刻の名。午後六時。また、それを中心とした二時間。


方角の名。西。



とり 【鳥】

名詞

鳥類の総称。


鶏(にわとり)。また、鶏の鳴き声。


出典伊勢物語 五三


「男、…女にあひて、物語りなどする程に、とりの鳴きければ」


[訳] 男が、…女と会って話などするうちに鶏が鳴いたので。◇「鶏」とも書く。


雉(きじ)。


出典徒然草 六六


「盛りなる紅梅に、とり一双(いつさう)を添へて」


[訳] 花盛りの紅梅の枝にきじを一つがい添えて。









とりのページへのリンク
「とり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

とりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




とりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS