古語:

のをよこにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > のをよこにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のをよこに…

分類俳句


「野を横に馬牽(ひ)き向けよほととぎす」


出典奥の細道 殺生石・芭蕉(ばせう)


[訳] 那須野(なすの)の原を馬に乗って来たところ、道の横手でほととぎすが鳴き過ぎた。その声のした方へ、馬子(まご)よ、馬を引き向けてくれ。


鑑賞

殺生石(せつしようせき)へ向かう途中、即興で詠んだもので、当意即妙のあいさつの句となっている。季語は「ほととぎす」で、季は夏。








のをよこにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

のをよこにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




のをよこにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS