古語:

もどかしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もどか・し

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


非難したくなるようすである。気にくわない。


出典源氏物語 夢浮橋


「急がるる心の、我ながらもどかしきになむ」


[訳] 気がせかれてならない気持ちが、自分ながら気にくわなくてね。


じれったい。歯がゆい。


出典枕草子 はづかしきもの


「男は、うたて思ふさまならず、もどかしう心づきなきことなどありと見れど」


[訳] 男は、(相手の女が)いやで自分の思うとおりでなく、歯がゆく気に入らないことがあると思っていても。◇「もどかしう」はウ音便。









もどかしのページへのリンク
「もどかし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

もどかしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




もどかしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS