古語:

やまざとはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > やまざとはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やまざとは…

分類和歌


「山里(やまざと)は秋こそことにわびしけれ鹿(しか)の鳴く音ねに目をさましつつ」


出典古今集 秋上・壬生忠岑(みぶのただみね)


[訳] 山里は、秋がとりわけもの寂しいことだ。鹿の鳴く悲しげな声にたびたび目を覚まして。


鑑賞

山里はいつでも心細く寂しいが、秋は特に鹿の声に何度も目を覚まして、よりいっそう孤独感が深まり、堪えきれないほどわびしい気持ちになると言っているのである。「わびし」は、思うようにならなくてやりきれないという、失意の気持ちが根底にある。



やまざとは…

分類和歌


出典百人一首 


「山里(やまざと)は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」


出典古今集 冬・源宗于(みなもとのむねゆき)


[訳] 山里は、冬には寂(さび)しさがひとしお感じられることだ。人の訪れも途絶えて、草も枯れてしまうと思うと。


鑑賞

「かれ」は「離(か)れ」と「枯れ」とをかけている。









やまざとはのページへのリンク
「やまざとは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

やまざとはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




やまざとはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS