古語:

やへむぐらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > やへむぐらの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やへむぐら…

分類和歌


出典百人一首 


「八重葎(やへむぐら)茂れる宿のさびしきに人こそ見えね秋は来(き)にけり」


出典後拾遺集 秋・恵慶法師(ゑぎやうほふし)


[訳] むぐらが生い茂っている寂(さび)しい住まいに、訪れる人は見えないけれど、秋だけは(昔のように)やって来たよ。



やへ-むぐら 【八重葎】

名詞

幾重にも生い茂っている葎(=つる草や雑草)。荒れはてた屋敷や庭などのようすを表すのに用いる。


出典源氏物語 桐壺


「月影ばかりぞ、やへむぐらにもさはらずさし入(い)りたる」


[訳] 月の光だけが幾重にも生い茂っている雑草にもさまたげられずにさし込んでいる。









やへむぐらのページへのリンク
「やへむぐら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

やへむぐらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




やへむぐらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS