古語:

やまとはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やまとは…

分類和歌


「倭は国のまほろばたたなづく青垣(あをがき)山ごもれる倭しうるはし」


出典古事記 倭建命(やまとたけるのみこと)


[訳] 大和は国のなかで最もすぐれた国だ。重なりあう青い垣、その山々に囲まれた大和はなんと美しいことか。


鑑賞

伊吹山(いぶきやま)の神に敗れて疲れ果てた倭建命が、臨終の地、能褒野(のぼの)(三重県)で故郷の大和(奈良県)をしのんで詠んだ歌。過酷な東征の途上、ついに故郷に帰れずに死んで行く悲劇の英雄の望郷の思いが、哀切に伝わってくる。「青垣」は奈良盆地を囲む山々の比喩(ひゆ)。「倭し」の「し」は強意の副助詞。









やまとはのページへのリンク
「やまとは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

やまとはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




やまとはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS