古語:

畳なづくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たたな-づく 【畳なづく】

分類枕詞


幾重にも重なっている意で、「青垣」「青垣山」にかかる。


出典古事記 景行


「倭(やまと)は国のまほろばたたなづく青垣(あをがき)山ごもれる」


[訳] ⇒やまとは…。


「柔肌(にきはだ)」にかかる。かかる理由は未詳。


出典万葉集 一九四


「たたなづく柔肌すらを」


[訳] 柔らかな肌なのに。


参考

(1)ともに枕詞(まくらことば)ではなく、普通の動詞とみる説もある。(2)の歌は、「柔肌」にかかる『万葉集』唯一の例。








畳なづくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

畳なづくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




畳なづくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS