古語:

ろの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

間投助詞

《接続》


は終止した文に付く。


は体言、形容詞の連体形に付く。〔感動〕…よ。


出典万葉集 四四二〇


「草枕(=枕詞(まくらことば))旅の丸寝(まるね)の紐(ひも)絶えばあが手と着けろ」


[訳] 旅先で着物を着たまま寝たときに紐が切れたなら、私の手だと思ってつけてくれよ。〔感動〕…よ。…なあ。▽「ろかも」の形で用いる。


出典万葉集 四七八


「常なりし咲(ゑ)まひ振る舞ひいや日異(ひけ)に変はらふ見れば悲しきろかも」


[訳] いつものことであった笑顔や振る舞いも、日ごとに変わっていくのを見ると、悲しいことだなあ。◆上代語。


参考

を終助詞とする説もある。また、東歌に多いことから、東国方言とも考えられている。現代語の「見せろ」などの命令形語尾の「ろ」はこの「ろ」が残ったものという。を終助詞・接尾語とする説もある。



-ろ

接尾語

〔名詞に付いて〕


強調したり、語調を整えたりする。


出典万葉集 三四一〇


「伊香保(いかほ)ろの岨(そひ)の榛原(はりはら)」


[訳] 伊香保の峰の急斜面の榛原。


親愛の気持ちを添える。◆上代の東国方言。









ろのページへのリンク
「ろ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

ろのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




ろのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS