古語:

世を憂の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-を-う 【世を憂】

分類連語


世の中をいやだと思う。世をいとう。


出典古今集 雑下


「わが庵(いほ)は都の辰巳(たつみ)しかぞ住むよをうぢ山と人はいふなり」


[訳] ⇒わがいほは…。


参考

和歌では、「うぢ」(宇治)だけでなく「う」で始まる言葉  例えば「卯うの花」「浦(うら)」「空蟬(うつせみ)」「浮(うき)」などの「う」にも「憂う」の意味を掛けて用いることがある。








世を憂のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世を憂のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




世を憂のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS