古語:

世を捨つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ-を-す・つ 【世を捨つ】

分類連語


俗世を捨てる。出家する。山などに隠れ住む。


出典源氏物語 若紫


「よをすてたる法師の心地にも、いみじう世の憂(うれ)へ忘れ、よはひのぶる、人の御ありさまなり」


[訳] 俗世を捨ててしまった法師の気持ちにも、ほんとうに世の中のつらさを忘れ、寿命がのびる、人(=源氏)のごようすです。








世を捨つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

世を捨つのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




世を捨つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS