古語:

修験の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゅ-げん 【修験】

名詞

山野を歩き回るなどの修行によって、霊験のある法を得ること。


出典今昔物語集 一七・一八


「しゅげんを好みて、諸(もろもろ)の山をめぐり海を渡りて、難行苦行す」


[訳] 霊験のある法を得る修行を好んで、いろいろな山をめぐり海を渡って苦痛に堪える修行をする。


「修験道(だう)」の略。


出典源平盛衰記 三


「三井(みゐ)の流れのしゅげんの人」


[訳] 三井の系列の修験道の人。


「修験者(じや)」の略。


出典奥の細道 出羽三山


「僧坊棟を並べ、しゅげん行法(ぎやうぼふ)を励まし」


[訳] 僧坊の建物が建ち並んで、修験者たちは、修行の法に励んでいて。









修験のページへのリンク
「修験」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

修験のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




修験のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS