古語:

儘の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まま 【儘・随】

名詞

(…の)とおり。(…の)まま。▽成り行きに任せること。


出典源氏物語 少女


「ただのたまふままの御心にて」


[訳] ただおっしゃるとおりのお心で。


心のまま。思うとおり。


出典源氏物語 澪標


「世の中の事、…この大臣(おとど)の御ままなり」


[訳] 世の中のことは、…この大臣のお心のままである。


そのまま。それきり。


出典源氏物語 末摘花


「しか。まかで侍(はべ)るままなり」


[訳] そうです。(宮中から)退出しましてそのまま(こちらへ参上したの)です。


参考

多く形式名詞として用いる。








儘のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

儘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




儘のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS