古語:

光の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひかり 【光】

名詞

光。


光沢。つや。


出典源氏物語 初音


「ひかりもなく黒き搔(か)い練りの」


[訳] 光沢もない黒い搔い練りで。


ほまれ。名誉。光栄。


出典新古今集 雑上


「照る月も雲のよそにぞ行きめぐる花ぞこの世のひかりなりける」


[訳] 美しく照る月も、雲の外を通りめぐるよ。すると、桜の花だけがこの世のほまれであるよ。


威光。威勢。


出典源氏物語 匂宮


「並びなき御ひかりを、まばゆからずもてしづめ給(たま)ひて」


[訳] (源氏は)比べるものがない御威光を、まばゆく目立つことのないようになさって。



コウ 【広・光・皇・荒・黄・曠】

⇒くゎう









光のページへのリンク
「光」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

光のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




光のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS