古語:

八幡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はちまん 【八幡】

[一]名詞

応神天皇を主祭神とする神社。また、その祭神。大分県の宇佐八幡、京都の石清水(いわしみず)八幡など、全国に社がある。源氏が氏神として以来、広く武士に信仰された。八幡宮。八幡神。「やはた」とも。


[二]副詞

ほんとうに。まったく。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「はちまん、気に入り申し候ふ」


[訳] ほんとうに、(この硯(すずり)箱は)気に入り申しております。


〔打消の語を伴って〕決して。断じて。


出典鑓権三 浄瑠・近松


「はちまん我らも心底変はらぬ」


[訳] 断じて、われわれも心のうちは変わらない。◆八幡の神に誓っての意から。









八幡のページへのリンク
「八幡」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

八幡のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




八幡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS