古語:

其れかあらぬかの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 其れかあらぬかの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

それ-か-あら-ぬ-か 【其れかあらぬか】

分類連語


はたしてそうか、それともそうでないのか。


出典古今集 夏


「去年(こぞ)の夏なきふるしてし郭公(ほととぎす)それかあらぬか声の変はらぬ」


[訳] 去年の夏に何度も鳴いて新鮮さを感じなくさせたほととぎすよ、それなのか、それとも別の(ほととぎす)なのか、声が変わらないことだ。


なりたち

代名詞「それ」+係助詞「か」+ラ変動詞「あり」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形+係助詞「か」








其れかあらぬかのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

其れかあらぬかのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




其れかあらぬかのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS