古語:

其れ其れの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

それ-それ 【其れ其れ】

[一]代名詞

だれだれ。だれそれ。▽不定称の人称代名詞。


出典枕草子 二月つごもり頃に


「『たれかたれか』と問へば、『それそれ』と言ふ」


[訳] 「だれだれが(いらっしゃるのか)」とたずねると、「だれそれ」と言う。


[二]感動詞

あ、そうだ。そうそう。▽ふと思い付いたときに発する語。


出典大鏡 道長下


「それそれ、いと興に侍(はべ)りし事なり」


[訳] ああそうそう、たいそう興に乗っておりましたことだ。


さあさあ。そらそら。▽相手に注意を促す語。


出典清経 謡曲


「それそれおん申し候へ」


[訳] さあさあ申し上げてください。


それよそれよ。そうですとも。▽相手に同感したときに発する語。


出典浮世物語 仮名


「『腹を立てぬが道ぢゃ』と言へば『それそれ』と言ふて」


[訳] 「怒らないのが生きていく道だ。」と言うと「そうですとも。」と言って。








其れ其れのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

其れ其れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




其れ其れのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS