古語:

初心なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しょ-しん・なり 【初心なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


仏道修行や学問・芸能などの道において初歩の段階だ。学び始めである。


世慣れていない。すれていない。うぶだ。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「しょしんなる女郎は」


[訳] 世慣れていない女郎は。◇近世語。








初心なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

初心なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




初心なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS