古語:

古ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふる-・ぶ 【古ぶ・旧ぶ】

自動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


古風になる。古くさくなる。


出典源氏物語 蓬生


「心ばせなどのふるびたる方(かた)こそあれ、いとうしろやすき後見(うしろみ)ならむ」


[訳] 心遣いなどは古風になっているところもあるが、大変安心できる世話役であるだろう。


年寄りじみる。


出典堤中納言 花桜をる少将


「ふるびたる声にて『いなや、こはたれそ』とのたまふ」


[訳] 年寄りじみた声で「いやはや、こんなことをするのはだれだ」とおっしゃる。








古ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

古ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




古ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS