古語:

古里の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふる-さと 【古里・故郷】

名詞

旧都。旧跡。


出典新古今集 秋下


「み吉野(よしの)の山の秋風小夜(さよ)更(ふ)けてふるさと寒く衣(ころも)打つなり」


[訳] ⇒みよしののやまのあきかぜ…。


古くからのなじみの土地。もとの住まい。


出典古今集 春上


「人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香(か)ににほひける」


[訳] ⇒ひとはいさ…。


生まれ故郷。


出典徒然草 一四一


「ふるさとの人来たりて物語りすとて」


[訳] 生まれ故郷の人がやって来て話をするということで。









古里のページへのリンク
「古里」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

古里のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




古里のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS