古語:

埋もれ甚しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 埋もれ甚しの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うもれ-いた・し 【埋もれ甚し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


気持ちが晴れ晴れしない。うっとうしい。


出典源氏物語 須磨


「知らぬ国の心地して、いとうもれいたく」


[訳] 知らない国のような気持ちがして、ひどく気持ちが晴れ晴れせず。


引っ込み思案だ。内気すぎる。


出典源氏物語 蓬生


「心ばへなど、はた、うもれいたきまで」


[訳] 気だてなど、これもまた、内気すぎるほど。



むもれ-いた・し 【埋もれ甚し】

形容詞ク活用

「うもれいたし」に同じ。








埋もれ甚しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

埋もれ甚しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




埋もれ甚しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS