古語:

天雲のの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あまくも-の 【天雲の】

分類枕詞


雲が定めなく漂うところから、「たどきも知らず」「たゆたふ」などにかかる。


出典万葉集 三七一六


「あまくものたゆたひ来れば」


[訳] 天雲のようにただよいながらくると。


雲の奥がどこともわからない遠くであるところから、「奥処(おくか)も知らず」「はるか」などにかかる。


出典土佐日記 二・一六


「あまくものはるかなりつる」


[訳] 天雲のようにはるかに遠い。


雲が離れ離れにちぎれるところから、「別れ(行く)」「外(よそ)」などにかかる。


出典万葉集 一八〇四


「あまくもの別れし行けば」


[訳] 別れていったので。


雲が遠くに飛んで行くところから、「行く」にかかる。


出典万葉集 三三四四


「あまくもの行きのまにまに」


[訳] 行くに従って。◆「あまぐもの」とも。








天雲ののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

天雲ののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




天雲ののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS