古語:

如しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ごとし 【如し】

助動詞ク活用型

《接続》活用語の連体形や、助詞「の」「が」、体言などに付く。


〔同等〕…と同じである。…のとおりだ。


出典伊勢物語 二三


「つひに本意(ほい)のごとく逢(あ)ひにけり」


[訳] とうとう、かねての望みのとおりに結婚したのだった。


〔比況〕(まるで)…のようだ。…みたいだ。…に似ている。


出典方丈記 


「世の中にある人とすみかと、またかくのごとし」


[訳] 世の中にいる人間と住居と(が無常なこと)は、また、これと似ている。


〔例示〕たとえば…のようだ。たとえば…などだ。▽連体形に限って見られる。


出典方丈記 


「和歌・管弦・往生要集(わうじやうえうしふ)ごときの抄物(せうもつ)を入れたり」


[訳] 和歌・管弦の本や『往生要集』のような抜き書きを入れてある。


語法

(1)上代・中古の「ごと」だけの用法 上代・中古には、「ごと」だけで、「ごとく(連用形)」「ごとし(終止形)」のはたらきをした。⇒ごと(2)未然形の「ごとく」 「ごとく+は」については、次の二とおりの説がある。[イ] の立場に立った場合にだけ、未然形が存在することになる。


参考

「ごとし」は漢文訓読系の文章で用いられ、和文系の文章では、同じ意味を「やうなり」で表した。









如しのページへのリンク
「如し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

如しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




如しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS