古語:

妾の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わらは 【妾】

代名詞

わたくし。▽自称の人称代名詞。女性がへりくだっていう語。


出典平家物語 一一・副将被斬


「思ひ変へずして育てて、わらはが形見に御覧(ごらん)ぜよ」


[訳] (この子への)愛情を変えないで育てて、わたくしの形見として見守ってください。


参考

「童(わらは)」のように幼稚で未熟な者が原義。中古末期以降の語。近世になると謙称の意識が失われ、多く、武家の女性が目下の者に対する自称として用いるようになる。



わらわ 【童・妾】

⇒わらは









妾のページへのリンク
「妾」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

妾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




妾のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS