古語:

守護の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゅ-ご 【守護】

[一]名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

守ること。警護すること。


[二]名詞

鎌倉・室町幕府に置かれた役職。文治一年(一一八五)、源頼朝(みなもとのよりとも)が「地頭(ぢとう)」とともに設置したのに始まる。国ごとに置かれ、本来の職掌は治安維持および武士の統制であるが、鎌倉末期には領主化し、室町時代を通じて守護大名へと変質した。









守護のページへのリンク
「守護」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

守護のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




守護のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS