古語:

守るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まぼ・る 【守る・護る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


見つめる。見守る。


出典源氏物語 須磨


「月の顔のみ、まぼられ給(たま)ふ」


[訳] 月の面ばかり見つめていらっしゃる。


見守って世話をする。守護する。


出典宇治拾遺 一二・二二


「ここに社(やしろ)を作りて斎(いは)ひ給(たま)へ。さらばいかにもまぼり奉らん」


[訳] ここ(=皇居)に社を作っておまつりなさい。そうすればどのようにも守護してさしあげよう。◆「まもる」の変化した語。



ま-も・る 【守る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


目を放さず見続ける。見つめる。見守る。


出典徒然草 一三七


「花の本(もと)には、ねぢ寄り立ち寄り、あからめもせずまもりて」


[訳] (桜の)花の下に、にじり寄って近寄り、わき見もしないで見つめて。


見張る。警戒する。気をつける。守る。


出典枕草子 職の御曹司におはします頃、西の廂にて


「こぼたせで、よくまもりて十五日までさぶらへ」


[訳] こわさせないで、よく見張って十五日まで(この雪を)残しておいておくれ。



も・る 【守る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


番をする。見張る。


出典万葉集 九五〇


「山守すゑもるとふ山に入(い)らずは止(や)まじ」


[訳] 山の番人を置いて見張るという山に入らないではいられない。


(常にそばにいて)守(まも)る。守護する。


出典万葉集 三三九三


「母いもれども魂(たま)そ逢(あ)ひにける」


[訳] 母が守っていても、(二人の)魂は通い会ってしまったよ。


(人目に立たないように)見定める。(人目を)はばかる。


出典万葉集 三一二二


「人目もり乏(とも)しき妹(いも)に今日(けふ)だに逢はむを」


[訳] 人目をはばかってめったに会えないあなたにせめて、今日こそは会いたいのに。


参考

中古以後は「まもる」が用いられるようになり、「もる」は主に歌語として残った。









守るのページへのリンク
「守る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

守るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




守るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS