古語:

守らふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まぼら・ふ 【守らふ】

他動詞ハ行下二段活用

「まもらふ[二]」に同じ。



まもら-・ふ 【守らふ】

[一]

分類連語


見守り続ける。


出典古事記 神武


「木(こ)の間(ま)よもい行きまもらひ戦へば」


[訳] 木の間を行きつつ(敵の動きを)見守りながら戦ったので。◆上代語。


なりたち

動詞「まもる」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


[一]に同じ。


出典枕草子 説経の講師は


「講師(かうじ)の顔をつとまもらへたるこそ」


[訳] 講師の顔をじっとみつめ続けていてこそ。


大切に守る。


出典源氏物語 夕霧


「一つ所をまもらへて」


[訳] 一人の女を大切に守って。


参考

[二][一]の一語化した語。「まぼらふ」とも。









守らふのページへのリンク
「守らふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

守らふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




守らふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS