古語:

守りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まもり 【守り・護り】

名詞

守ること。守護。護衛。


出典古今集 雑体


「照る光近きまもりの身なりしを」


[訳] 天皇のお側近くの警護としての身でありましたのが。


神仏の加護。守り神。


出典源氏物語 若菜下


「まもり強く、…え近づき参らず」


[訳] 神仏の加護が強くて、…(源氏に)近づきまいることができず。


守り札。守り袋。◆「まぼり」とも。



もり 【守り】

名詞

監視。また、監視人。


子供の養育。また、養育人。子守。









守りのページへのリンク
「守り」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

守りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




守りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS