古語:

宜の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うべ 【宜・諾】

副詞

なるほど。もっともなことに。▽肯定の意を表す。


出典万葉集 三一〇


「東(ひむがし)の市(いち)の植木の木垂(こだ)るまで逢(あ)はず久しみうべ恋ひにけり」


[訳] 東の市に植えた木が茂って枝が垂れ下がるまで長く会わなかったので、なるほど恋しいことだ。◆中古以降「むべ」とも表記する。



むべ 【宜】

副詞

「うべ」に同じ。


出典古今集 秋下


「吹くからに秋の草木(くさき)のしをるればむべ山風を嵐(あらし)といふらむ」


[訳] ⇒ふくからに…。









宜のページへのリンク
「宜」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宜のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




宜のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS