古語:

寄そるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よそ・る 【寄そる】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


自然と引き寄せられる。なびき従う。


出典万葉集 三三〇五


「荒山も人し寄すればよそるとぞ言ふ」


[訳] 荒山でも人が心を傾ければ自然と引き寄せられるという。


うち寄せる。


出典万葉集 四三七九


「白波のよそる浜辺に別れなば」


[訳] 白波のうち寄せる浜辺で別れてしまったら。


異性との噂(うわさ)を立てられる。


出典万葉集 三四〇八


「我によそりはしなる子らしあやに愛(かな)しも」


[訳] 私との噂を立てられどっちつかずのあの子がむしょうにかわいいものだ。









寄そるのページへのリンク
「寄そる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

寄そるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




寄そるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS