古語:

寄り合ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

より-あひ 【寄り合ひ】

名詞

ものや人が近寄って接すること。また、その所。


出典万葉集 一六七


「天地(あめつち)のよりあひの極み」


[訳] 天と地が近寄って接した所のはて。


人が一つ所に寄り集まること。集会。会合。


連歌(れんが)・俳諧(はいかい)の付け合いで、前後の句を結び付ける縁となる言葉や素材。









寄り合ひのページへのリンク
「寄り合ひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

寄り合ひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




寄り合ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS