古語:

射付くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

い-つ・く 【射付く】

他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


(矢を)射当てる。


出典今昔物語集 二五・六


「いつけずして箭(や)は道に落つべきなり」


[訳] (弱い弓で重い矢を射ると)射当てないで矢は道に落ちるにちがいないのだ。


矢で物を射通して、他の物に突きさす。


出典平家物語 九・二度之懸


「弓手(ゆんで)の眼(まなこ)を甲(かぶと)の鉢付(はちつけ)の板にいつけられながら」


[訳] 左の眼を甲の首をおおう一枚目の板に矢で射通し突きさされながら。








射付くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

射付くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




射付くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS