古語:

弖爾乎波の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-に-を-は 【弖爾乎波・手爾於葉・天爾遠波】

名詞

漢文訓読の際に補う語の総称。助詞・助動詞・接尾語・活用語尾などに当たる。


助詞・助動詞。また、その用法。◆「てには」とも。


参考

平安時代、漢文訓読の際に用いられた「ヲコト点」のうちの「博士家点(はかせけてん)」を、左下から右回りに読むと「てにをは」となるところからいう。明治時代以降は、助詞の使い方。また、言葉の使い方。⇒ヲコト点


分類文芸








弖爾乎波のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

弖爾乎波のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




弖爾乎波のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS