古語:

御座さうずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 御座さうずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おはさう・ず 【御座さうず】

[一]自動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


いらっしゃる。おいでになる。▽「あり」の尊敬語。


出典源氏物語 竹河


「恥ぢらひておはさうずる、いとをかしげなり」


[訳] 恥ずかしそうにしていらっしゃるのは、たいそうかわいらしいご様子である。


お出かけになる。おいでになる。▽「行く」「来(く)」の尊敬語。


出典大鏡 道長上


「にがむにがむおのおのおはさうじぬ」


[訳] 苦い顔をしながらそれぞれお出かけになった。


[二]補助動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


〔活用語の連用形に付いて〕…ていらっしゃる。…でおいでになる。▽尊敬の意を表す。


出典源氏物語 真木柱


「うちひそみて泣きおはさうず」


[訳] 顔をしかめて泣いていらっしゃる。


参考

「おはさふ」と同様、多く主語は複数。








御座さうずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

御座さうずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




御座さうずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS