古語:

心異なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-こと・なり 【心異なり・心殊なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


格別だ。並々でない。


出典源氏物語 桐壺


「この皇子(みこ)生まれ給(たま)ひてのちは、いとこころことに思ほしおきてたれば」


[訳] この皇子がお生まれになった後は、(帝(みかど)は桐壺更衣(きりつぼのこうい)を)たいそう格別にお思い定めになったので。


(他の人と)心が異なっているようすだ。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「衣(きぬ)着せつる人は、こころことになるなりといふ」


[訳] 衣(=天の羽衣)を着せた人は、心が常の人間のそれと変わってしまうということです。








心異なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心異なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心異なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS