古語:

心無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うら-な・し 【心無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


うっかりしている。無心だ。安心している。


出典源氏物語 若菜上


「うらなくて過ぐしける世の人笑へならむ事を」


[訳] うっかりして過ごしていたことが人々の物笑いになるかもしれないことを。


隠し立てしない。へだてがない。


出典徒然草 一二


「をかしき事も、世のはかなき事も、うらなく言ひ慰まんこそうれしかるべきに」


[訳] おもしろいことでも、世間のつまらないことでも、隠し立てなく話して心が慰められたら、それこそうれしいものであるはずなのに。◆「うら」は表に出ない心の中の意。



こころ-なし 【心無し】

名詞

分別のない者。不注意者。



こころ-な・し 【心無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


無情だ。思いやりがない。


出典万葉集 一七


「しばしばも見放(みさ)けむ山をこころなく雲の隠さふべしや」


[訳] ⇒うまさけ…。


情趣がわからない。風流心がない。


出典新古今集 秋


「こころなき身にもあはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ」


[訳] ⇒こころなき…。


物の道理がわからない。無分別だ。


出典徒然草 一四二


「こころなしと見ゆる者も、よき一言、言ふものなり」


[訳] 物の道理がわからないと見える者でも、(ときには)よい一言を言うものだ。


注意

「心無し」を「うらなし」と読むと全く違う語になる。








心無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心無しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS