古語:

心留むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-とど・む 【心留む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


気をつける。関心を抱く。


出典源氏物語 夕顔


「いとものぐるほしく、さまでこころとどむべき事のさまにもあらず」


[訳] とてもばかげており、それほど関心を抱くべきことでもない。


気持ちを込める。思い入れをする。


出典源氏物語 須磨


「こころとどめて、あはれなる手など弾き給(たま)へるに」


[訳] 気持ちを込めて、趣のある曲などを(琴で)弾きなさると。◆「こころとむ」とも。



こころ-と・む 【心留む】

他動詞マ行下二段活用

「こころとどむ」に同じ。








心留むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心留むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心留むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS