古語:

心疾しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こころ-と・し 【心疾し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


気ぜわしい。気が早い。


出典徒然草 一三九


「一重(ひとへ)なるが、まづ咲きて散りたるは、こころとくをかし」


[訳] 一重の梅が最初に咲いて散ってしまうのは、気が早くておもしろい。


よく気がつく。察しがよい。


出典俊頼髄脳 


「こころとく詠めるもめでたし」


[訳] 察しよく歌を詠んだというのもすばらしい。[反対語] 心鈍(こころおそ)し。



こころ-やま・し 【心疾し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


満足できず、不愉快な感じである。気にくわない。おもしろくない。ものたりない。


出典蜻蛉日記 中


「こころやましきさまにて、絶えてことづてもなし」


[訳] 気にくわないようすで伝言の一つとしてないことだ。[反対語] 快(こころよ)し。


参考

名詞「心」+「やまし(=「病む」の形容詞化)」から。現代語の「やましい」は、後ろ暗い、後ろめたいの意であるが、「やまし」のその意味は近世に生じた。








心疾しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

心疾しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




心疾しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS