古語:

慣るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

な・る 【慣る・馴る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


慣れる。


出典更級日記 物語


「たれもいまだ都なれぬほどにて、え見つけず」


[訳] だれもがまだ都に慣れていないころなので、見つけ出すことができない。


うちとける。なじむ。親しくなる。


出典古今集 羇旅・伊勢物語九


「唐衣(からころも)きつつなれにしつましあればはるばるきぬるたびをしぞ思ふ」


[訳] ⇒からころも…。


よれよれになる。体によくなじむ。


出典源氏物語 若紫


「山吹(やまぶき)などのなれたる着て」


[訳] 山吹襲(がさね)かなにかの体によくなじんだものを着て。◇「萎る」とも書く。


古ぼける。


出典源氏物語 蓬生


「御調度(おほんてうど)どもも、いと古体になれたるが」


[訳] 御調度品の数々も、たいへん古風で古びているが。◇「褻る」とも書く。








慣るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

慣るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




慣るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS