古語:

振り捨つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふり-す・つ 【振り捨つ・振り棄つ】

他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


見捨てる。置き去りにする。放っておく。


出典平家物語 九・小宰相身投


「いとけなき子をもふりすて、老いたる親をもとどめおき」


[訳] 幼い子供も置き去りにし、年老いた親も残して置き。


(神輿(みこし)・神木(しんぼく)などを)担ぎ出して、置き去りにする。


出典平家物語 一・御輿振


「大衆(だいしゆ)神輿(しんよ)をば陣頭(ぢんとう)にふりすて奉り」


[訳] 僧たちは神輿を宮中の警護の者の詰め所のあたりに担ぎ出して置き去りにし申し上げ。








振り捨つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

振り捨つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




振り捨つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS