古語:

振り立つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふり-た・つ 【振り立つ】

他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


勢いよく立てる。


出典万葉集 一一九〇


「舟泊(は)ててかしふりたてて廬(いほり)せむ」


[訳] 舟を停泊させて、かし(=舟をつなぎとめておく杭(くい))を勢いよく立てて仮寝をしよう。


(声を)張り上げる。


出典古今集 夏


「夏山に恋しき人やいりにけむ声ふりたてて鳴くほととぎす」


[訳] 夏の山にいとしい人が籠(こ)もってしまったのだろうか、声を張り上げて鳴くほととぎすよ。


勢いよく振る。


出典宇津保物語 祭の使


「高麗鈴(こますず)をふりたつるに劣らず」


[訳] 高麗鈴を勢いよく振るのにも劣らない。








振り立つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

振り立つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




振り立つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS