古語:

掛くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

か・く 【懸く・掛く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


垂れ下げる。かける。


出典万葉集 八九二


「甑(こしき)にはくもの巣かきて」


[訳] ⇒かぜまじり…。


[二]他動詞カ行下二段活用

{語幹〈か〉}


垂れ下げる。かける。もたれさせる。


出典古事記 允恭


「斎杙(いくひ)には鏡をかけ」


[訳] 神聖なくいには鏡をかけ。


かけ渡す。


出典古今集 秋下


「山川に風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉(もみぢ)なりけり」


[訳] ⇒やまがはに…。


(扉に)錠をおろす。掛け金をかける。


出典狭衣物語 二


「妻戸荒らかにかけつる音すれば」


[訳] 両開きの板戸に荒々しく錠をおろしてしまう音がするので。


合わせる。兼任する。兼ねる。


出典伊勢物語 六九


「国の守(かみ)、斎(いつき)の宮の守かけたる」


[訳] 伊勢の国の長官で斎宮寮の長官を兼ねている人が。


かぶせる。かける。


出典平家物語 四・鵼


「御衣(ぎよい)を肩にかけて退出す」


[訳] (源頼政は二条天皇から賜った)御衣を肩にかけて退出した。


降りかける。あびせかける。


出典金葉集 恋下


「音に聞くたかしの浜のあだ波はかけじや袖(そで)の濡ぬれもこそすれ」


[訳] ⇒おとにきく…。


はかり比べる。対比する。


出典伊勢物語 二三


「筒井つの井筒にかけしまろが丈(たけ)過ぎにけらしな妹(いも)見ざる間に」


[訳] ⇒つつゐつの…。


待ち望む。


出典古今集 春上


「梅が枝えに来きゐる鶯(うぐひす)春かけて鳴けどもいまだ雪は降りつつ」


[訳] 梅の枝に来てとまっているうぐいすが、春を待ち望んで鳴いているけれども、まだ雪は降り続いている。


(心や目に)かける。


出典徒然草 一八八


「行く末久しくあらますことども心にはかけながら」


[訳] 遠い将来まで予期している事柄を心にはかけながら。


話しかける。口にする。


出典徒然草 一〇九


「『過ちすな。心して下りよ』と言葉をかけはべりしを」


[訳] 「失敗するな。用心して(木から)降りろ」と(名人が)言葉をかけましたので。


託する。預ける。かける。


出典平家物語 三・御産


「官加階に望みをかけ」


[訳] 官位の昇進に希望を託し。


だます。


出典古今六帖 五


「今来こむといひしばかりにかけられて」


[訳] すぐに来ようといったばかりにだまされて。


目標にする。目ざす。


出典古今集 羇旅


「わたの原八十島(やそしま)かけて漕こぎ出いでぬと人には告げよ海人(あま)の釣つり舟」


[訳] ⇒わたのはらやそしまかけて…。


関係づける。加える。


出典丹波与作 浄瑠・近松


「お供かけて三人ぢゃ」


[訳] お供を加えて三人だ。


[三]補助動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


〔動詞の連用形に付いて〕


しかける。仕向ける。…かける。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「『…』と言ひかくれば、顔をうちまもりつつ、なごうなくも」


[訳] 「…」と話しかけると、(猫は)私の顔をじっと見つめながら穏やかに鳴くのも。


途中まで…する。…しそうになる。…かける。


出典源氏物語 若菜下


「琵琶(びは)うち置きて、ただけしきばかり弾きかけて」


[訳] 琵琶をそっと置いて、ほんのちょっと弾きかけて。









掛くのページへのリンク
「掛く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

掛くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




掛くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS