古語:

搔き合はすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 搔き合はすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かき-あは・す 【搔き合はす】

他動詞サ行下二段活用

活用{せ/せ/す/する/すれ/せよ}


手で寄せ合わせる。


出典平家物語 三・少将都帰


「少将袖(そで)かきあはせ」


[訳] 少将はそでを寄せ合わせて。


(琴・琵琶(びわ)などを)合奏する。


出典源氏物語 明石


「琴(きん)は、また、かきあはするまでの形見に」


[訳] 七弦琴は、また合奏するときまでの思いでの種に(残しておこう)。


(琴・琵琶などの)弦の調子を合わせ整える。


出典源氏物語 澪標


「箏(さう)の御琴引き寄せて、かきあはせすさび給(たま)ひて」


[訳] (源氏は)箏(そう)のお琴を引き寄せて、調子を整え、気の向くままに弾きなさって。








搔き合はすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

搔き合はすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




搔き合はすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS