古語:

斟酌の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しん-しゃく 【斟酌】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

状況や相手の気持ちを推察すること。事情をよくくみとること。程よく取り計らうこと。


出典十訓抄 一


「優の詞(ことば)も事によりてしんしゃくすべきにや」


[訳] ほめことばも事によって事情をよくくみとって言うべきではないだろうか。


控えめにすること。差し控えること。


出典連理秘抄 


「上手多からん座にては、いささかしんしゃくすべし」


[訳] 上手な人が多いような席では、少し控えめにするがよい。


遠慮すること。辞退すること。








斟酌のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

斟酌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




斟酌のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS