古語:

斧の柄朽つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 斧の柄朽つの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

をの-の-え-く・つ 【斧の柄朽つ】

分類連語


気付かないうちに長い年月がたってしまうことのたとえ。


出典源氏物語 松風


「千年(ちとせ)も見聞かまほしき御ありさまなればをののえもくちぬべけれど」


[訳] (人々は)いつまでも見聞きしていたい(源氏の)ごようすなので、気付かないうちに長い時間も過ごしてしまいそうだけれど。


参考

中国の晋(しん)の王質が、山中で仙人の童子の囲碁を見ているうちに、持っていた斧の柄が腐ってしまい、村へ帰ると、すでに長い年月が過ぎ、知人がみないなくなっていたという故事による。








斧の柄朽つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

斧の柄朽つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




斧の柄朽つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS