古語:

日記文学の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

日記文学

分類文芸


文学の形式の一つ。平安時代から鎌倉時代にかけて和文で書かれた、文学性の高い日記作品。多く回想録風で、内省的傾向が強い。その最初のものは、平安時代初期の、紀貫之(きのつらゆき)が女性に仮託して書いた『土佐日記』である。道綱母(みちつなのはは)の『蜻蛉(かげろう)日記』によって平安女流の仮名日記文学が盛んになり、『和泉式部(いずみしきぶ)日記』『紫式部日記』『更級(さらしな)日記』などが相次いだ。鎌倉時代には『建春門院(けんしゆんもんいん)中納言日記(建寿御前(けんじゆごぜん)日記)』『十六夜(いざよい)日記』などがある。紀行文学とのかかわりも深い。









日記文学のページへのリンク
「日記文学」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

日記文学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




日記文学のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS