古語:

明くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ・く 【明く】

自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


(夜が)明ける。


出典から檜葉 俳諧


「白梅(しらうめ)にあくる夜(よ)ばかりとなりにけり―蕪村」


[訳] ⇒しらうめに…。


(年・月・日・季節などが)改まる。


出典方丈記 


「あくる年は立ち直るべきかと思ふほどに」


[訳] 改まった年は立ち直ることができるかと思っていると。









明くのページへのリンク
「明く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

明くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




明くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS