古語:

来鳴き響むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 来鳴き響むの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きなき-とよ・む 【来鳴き響む】

他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


やって来てやかましく鳴き声をひびかせる。


出典万葉集 一四九三


「我がやどの花橘(はなたちばな)をほととぎすきなきとよめて本(もと)に散らしつ」


[訳] 私の家の庭の花橘を、ほととぎすがやって来てやかましく鳴き声をひびかせて花びらを根元に散らしてしまったよ。








来鳴き響むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

来鳴き響むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




来鳴き響むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS