古語:

消え侘ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きえ-わ・ぶ 【消え侘ぶ】

自動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


消えてほしいと思い嘆く。


出典新拾遺集 恋一


「きえわぶる霜の衣をかへしても」


[訳] 消えてほしいと思い嘆く涙の霜の着衣を裏返しても。


死ぬほど心細く思う。


出典新古今集 恋四


「きえわびぬ移ろふ人の秋の色に」


[訳] 死ぬほどに心細く思った。自分に飽きて心変わりのしてしまった人のようすに。








消え侘ぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

消え侘ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




消え侘ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS