古語:

深深たりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しん-しん・たり 【深深たり・沈沈たり】

形容動詞タリ活用

活用{たら/たり・と/たり/たる/たれ/たれ}


奥深く静かだ。ひっそり静まり返っている。


出典平家物語 二・一行阿闍梨之沙汰


「しんしんとして山深し」


[訳] ひっそり静まり返っていて山は深い。


(寒さなどが)身にしみる。


出典曾根崎心中 浄瑠・近松


「風しんしんたる曾根崎(そねざき)の森にぞたどり着きにける」


[訳] 風が身にしみる曾根崎の森にやっと行き着いた。








深深たりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

深深たりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




深深たりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS